販売している商品の質は高いのに、あまり売れ行きが良くないということは多いです。しかし、ちょっとした改良を加えたことで売れ行きが大きく改善するということもあります。

また、商品は全く同じものなのに、ネーミングや広告の仕方を変えただけで爆発的なヒットにつながったりもします。そういった売れる商品に変えていくのに欠かせないのがマーケティングです。

中小企業がマーケティングを行う際には、企業戦略としてとらえ継続することが大切です。一つの結果に一喜一憂するのではなく、結果が出なかった時ほど原因を探ることが欠かせません。また、外部の専門家を招くなどマーケティングに詳しい人を頼るのも効果があります。

中小企業にも役立つマーケティングとは?

中小企業にもマーケティングは必要不可欠!必要性を実感しやすいデジタルマーケティングの事例

マーケティングというと、大企業が大規模に行うものというイメージをお持ちの方も多いと思います。マーケティングとは、簡単にいえば商品が売れるような仕組みを作ることです。決して大企業に限ったものではなく、中小企業が扱う商品やサービスにも当てはまります。

マーケティングで消費者のニーズを把握する

マーケティングでまず行うのは、どんな商品やサービスが求められているのかを知るリサーチです。商品の質は高くても、必要ないと感じる人が多ければ当然ながら売れません。質が高い商品なのに売れないという時には、消費者のニーズとのミスマッチが起きていることが考えられます。

消費者にアンケートを行ったり、座談会などを開いて意見を聞くなどしてそのミスマッチの原因を探るのがリサーチになります。また、どんな商品だったら購入したいのかやどこを改善してほしいのかなど、求められているニーズを把握することも必要になります。消費者のニーズは常に変化しているので、それを正確にキャッチすることが大切です。

マーケティングでターゲットを設定する

商品を開発したり販売する時、誰にどんな商品をいくらで提供するかターゲットをまず設定します。年代や性別、属性などどんな人に喜んでもらえる商品なのか、付加価値を提供できるのかを考えターゲットを明確にすることが重要です。

ターゲットを設定することで、そこに効率的にアプローチする広告戦略にもつながります。広告は幅広い人を対象にすると、大勢にアプローチするのでその分コストがかさみます。多くの人の目に触れても、無駄が多くなってしまうのです。

しかし、最初から自社の商品に興味を持っている人だけにアプローチすることができれば、商品の購入に結びつく可能性が高くなります。無駄な広告費をかけなくて済むので、コストの削減になります。そのためターゲットの明確化はとても重要です。

マーケティングでは自社ならではの強みを活かす戦略を立てる

マーケティング戦略を立てる時には、欠点を補うというよりは自社の商品やサービスの長所を生かすことが大事になります。商品を購入することでどういうメリットが消費者にあるのか、それを理解してもらえれば自然に売れるようになります。

営業活動を行わなくても自然に売れていくようにするのがマーケティング戦略です。そのためには自社の強みをきちんと把握し、その強みを活かす商品作りをしなければなりません。

中小企業がマーケティングを苦手とする理由

中小企業の中には積極的にマーケティングを活用しているというところもありますが、その数は限られたものといっていいでしょう。マーケティングを行っていないという中小企業も多いです。では、どうしてマーケティングに力を入れていないのでしょうか。

中小企業の経営者がマーケティングを軽視している

中小企業の経営者には、マーケティングという言葉を知っていてもその重要性をきちんと認識していない人も多いです。すぐに結果に結びつくものではないので、つい営業活動の方に力を入れてしまうという事情もあります。しかし、一度売れる仕組みを作ってしまえばコストの削減にもつながるので、積極的に活用したいところです。

中小企業にはマーケティングを行える人材がいない

マーケティングを実施しようと思っても、専門的な知識を持つ人が社内にいないということはよくあります。マーケティングを行うにはノウハウや専門的な知識が必要なので、誰でもできるというわけにはいきません。近年はIT技術を使ったデータ分析やマーケティングなどが主流になっており、そういったITのスキルも必要になります。

マーケティングを実施したけれど結果が出なかった

マーケティングを実際に行ってみたけれど、良い結果に結びつかなかったために諦めてしまったという企業もあります。マーケティング戦略を立てる時には、その都度プランの修正が必要になります。一度で良い結果が出るということは少なく、繰り返しデータを分析し戦略を練り直すことで精度を高めることができるのです。

中小企業にとってのデジタルマーケティングの重要性

近年デジタルマーケティングという言葉を聞いたことがある人は、決して少なくないと思います。一方で、何となくイメージは出来るものの、具体的にデジタルマーケティングの定義を説明出来る人もまた、残念ながら多くはないはずです

そのデジタルマーケティングとは一体どのようなモノなのか、この解説を読み終えた後には、他の人にも解説出来るレベルにまでなっていただけるはずですので、最後までお付き合いください。

さて、デジタルマーケティングについて語る前に、まず「『マーケティング』とは一体何なのか?」ということからしっかりと理解しておきましょう。

わかりやすく『マーケティング』を解説すると、「企業における製品やサービスの企画及び開発、市場調査、販売促進や宣伝広告などの販売戦略、営業活動や顧客管理などの活動の総称」であり、それをまとめて『マーケティング』と呼んでいるのです。要は、「企業がモノを販売する際に必要な活動全般」とでも理解しておけば良いでしょう。

デジタルマーケティングとは?

マーケティングについて、大まかにご理解いただけたかと思いますが、それに「デジタル」が付くと、今度はどのような意味合いを持つのでしょうか。

多くの人にとってイメージしやすいのは、そのままズバリ、「マーケティングをITなどのデジタル技術を使って行うこと」ではないかと思います。デジタル技術がどのようなものなのかがわかっているかはともかく、実際にそれでほぼ正解と言えるでしょう。

更に踏み込むと、通販サイトなどを使った販売やWeb広告といった、Webサービスによるマーケティングということが念頭にある人も多いのではないでしょうか? これも概ね正解と言えます。

ただ、Webサイトやインターネット技術などの利用は、実際にデジタルマーケティングのかなりの部分を構成していますが、決してイコールの関係ではなく、あくまでデジタルマーケティングを構成する1つの要素と考えてください。

そういう意味で、Webを使ったデジタルマーケティングを『Webマーケティング』と更に細かく分類している場合も多いようです。

デジタルマーケティングの仕事内容

よりわかりやすくするため、デジタルマーケティングの具体例を、既出のモノも含めて挙げてみたいと思います。

デジタルマーケティングの具体例

  • 通販サイトや通販アプリの構築
  • Web広告
  • 検索エンジンで上位に表示されるための、いわゆるSEO対策
  • メールマガジンなどのメールによる告知宣伝
  • 顧客のITによる情報管理や消費行動予測
  • SNSでの広告宣伝

他にも様々なコンテンツはありますが、一般的にはこれらが主だったデジタルマーケティングの仕事内容と言えるでしょう。

デジタルマーケティングの仕事内容の解説

上記の仕事内容を詳しく解説してみたいと思います。

通販サイトやアプリの構築

多くの人にとってわかりやすい事例ではないかと思います。つまり、インターネットやスマホなどで商品を購入するための仕組みを作ることです。

一般的な商圏を飛び越え、全国や場合によっては世界を相手に商売することを可能にしてくれますので、売上や認知度を上げることが出来ます。

また、以前よりスマホの利用者が増えてきているため、手軽に購入可能であり、顧客の囲い込みが可能な専用アプリの開発は今や必須と言えます。

Web広告

Webサイトで表示される広告です。ヤフーなどのポータルサイトに常に表示されるようなモノから、検索内容から検索者が求めているものを判断して広告されるリスティング広告、記事そのものが商品の解説・宣伝になっているようなタイアップ広告など、様々なタイプがあります。

とりわけ近年では、検索者のニーズに直結するリスティング広告が効果的な広告手法として認知されてきています。

検索エンジンで上位に表示されるための、いわゆるSEO

近年のデジタル・Webマーケティングでも重要視されているのがこのSEOです。

検索者が欲しい商品やサービスをパソコンやスマホで検索した際、上位に出て来るサイトから購入する可能性が極めて高いのは、皆さん自身が経験からよく理解出来るはず。

つまり、キーワードを検索した結果、どれだけ上位に表示されるかということは、販売する側にとっては死活問題と言え、その表示順位をできるだけあげるための対策がこのSEO対策なのです。一般企業ではその知識に限界があり、SEOを専門に請け負う会社も多くあります。

メールマガジンなどのメールによる告知宣伝

メーリングリストやメールマガジンに登録された顧客に、直接メールで宣伝や販促を行います。購入可能性の高い相手にダイレクトに販促宣伝活動が出来るので、販促効果も高い手法です。

顧客のITによる情報管理や消費行動予測

顧客がいつどんな商品を欲しいのか、また何時頃購入するのかを、過去の購入などから予測し、それに合わせた販促活動を行います。販促メールなどと連動し効果を発揮します。

SNSでの広告宣伝

インスタグラムやツイッターなどを利用した宣伝も、SNS利用者が増えてきている昨今非常に重要な手段となっています。

企業自体がSNSのアカウントを持って宣伝する場合もある一方、特にインフルエンサーと呼ばれる、多くのフォロワーを持つ個人によって宣伝してもらう手法もあり、より効果的なものとして認識されてきています。

以上が主だったデジタルマーケティング内容の説明になりますが、現実問題として各種デジタルマーケティング手法は個別に運用されているわけではなく、多くの場合連動して行われることが多くなっています。

そして、デジタルマーケティングはそのような連動した運用が、プログラムの構築などで非常にスピーディーにしやすいという点も、マーケティングにとって重要な意味を持ち得る理由になっているのです。