ランディングページとは

オンライン施策におけるランディングページの必要性

トップページとの違い

そもそも通常のホームページにおけるトップページとランディングページの違いについて理解をするところから必要です。簡単に説明するとランディングページは検索結果や広告などを経由して訪問者が最初にアクセスをするページのことになります。

しかしながらこれはある意味広い意味でのランディングページでありトップページとも読むことができるのではないでしょうか。しかしながらウェブマーケティングにおけるランディングページとは、ホームページの制作会社によって入り口のページや集客のページと呼ばれるものを意味します。

もちろん広い意味でのランディングページの増強は不可欠です。検索サイトからの流入を増やすこと、さらに広い意味でのランディングページの数を増やすためにSEO対策を行わなければなりません。実際にアクセスが多いホームページはトップページからの流入は全体のアクセスからのたった20%であり、残りの80%は個別のページに検索エンジンを経由して流入していると言うことになります。

このような前提があってこそウェブマーケティングにおけるランディングページの価値は高まってくると言うことを最初に申し上げておきます。

ランディングページの特徴

ではウェブマーケティングにおける本来のランディングページとは何かを説明していきます。具体的には訪問者の何らかのアクションを誘導することに特化した縦長のレイアウトのホームページのことを指します。

具体的には大きく4つのアクションを目的としています。

まず1つ目は商品の発注や問い合わせによって直接的な売り上げアップを図ること。
2つ目に見学会や内覧会といったイベントの予約を行う、誘導を行うことによって見込み客を発掘すること。 
3つ目は試供品や無料会員への誘導、体験サービスへの申し込みによって見込み客を発掘すること。
最後に人材を獲得するための求人募集への誘導になります。 

検索結果やリスティング広告、SNSなどから流入した訪問者をダイレクトに注文や問い合わせのアクションに結びつける、この特化したページこそがウェブマーケティングにおけるランディングページだと呼べます。

ランディングページの必要性について

ランディングページ設定のメリット

ランディングページはなんといってもお客様からのアクション誘導までを単独で行うこと、これができる設定になっています。それだけに通常の企業のホームページよりもチラシや販促、これが行えるレイアウトになっていると言えるでしょう。

ウェブ上でセールストークを1枚のウェブページで再現していると考えていただければ問題ないと思います。それだけに営業トークをページ上で再現するため、どうしても情報量が多くなり縦型のページになると言う結果になります。 

ユーザ視点から見ると他のページのリンクが極端に少なく、ランディングページをチェックするだけで商品やサービスの注文や問い合わせまでたどり着くことができると言うメリットがあります。

さらにランディングページには通常のホームページのようにサイドメニューや丈夫メニューを設置しなければならないといったレイアウト制限がありませんので自由にデザイン性の高いページを作成することができ、ユーザも長い時間同じページにとどまることができるメリットがあります。必然的に興味喚起が高まりアクションにつながると言うことです。

また、訪問者にアピールできるような?デザインであることが多く、サクサクと縦長のページをスクロールしてもらえるような画像を積極的に活用していますのであたかもチラシやテレビシーエムなどと近い広告的な要素を訪問者は感じることができます。

上記のことを踏まえて、ランディングページのメリットはやはり訪問者の離脱が少ないことであったり、訪問者が知りたい情報が1ページに集約されていること、さらにはセールストークのごとく理想的な順番で訪問者に情報を伝えられることなどが挙げられます。もちろん、デザイン性が高く訴求力が強いことも大きなポイントであり、アクションにつなげるための要素が整っていると言えるでしょう。これは通常のホームページではなかなか実現できないポイントになります。 

ランディングページの必要性

結果的にランディングページを設けることによって通常のホームページよりも制作コストはかさみますし、デザイン費用もかさむかもしれません。しかしながら企業として訴求したいサービスや商品がある場合、アクションを訪問者に起こしてもらうことをオンラインを通じて行うためにはどうしても必要となってくるサービスなのです。 

ある意味ランニングページに投資を行うだけで、デジタルマーケティングのある程度を賄えると考える企業も多く、投資効果の高い施策として考えられています。もちろん、短期的な効果を認める事は難しいかもしれませんが、間違いなく効果が高いマーケティング手法となります。