目指せ残業ゼロ:朝型仕事術

スポンサーリンク

残業代をしっかり払っている企業でも、そうでない企業でも、無駄な残業はさけたい物です。前日の疲れが残っていると、どうしても日中の行動に支障がでますし、会社全体が疲弊をしていきます。どうしても作業量的に残業をしないと行けない場合をのぞき、できるだけ早めに帰るように心がけましょう。

とはいえ、どうしても残業をすることが当たり前になってしまっている会社も多いです。そんな企業は、【朝型仕事】を推奨します。

【朝方仕事とは】

朝型仕事とは、文字通り、朝早め〜夕方を営業時間とする働き方です。節電のためにサマータイムジョブとして導入している企業もかなり多いですが、節約の面だけでない効率アップに注目が集まり、導入をしている会社が増えています。

【朝型仕事のスケジュール】

朝型仕事では、8時に出社をして1日が始まり、まだ周りの会社が働いている16時半に終了をします。

8:00 出社・メール、作業時間
9:00 通常営業時間

16:30 帰社

【朝型仕事のメリット】

朝型仕事のメリットを上げてみます。

①集中した作業時間の確保
通常の9時〜17時半の活動時間ですと、例えばクライアントから電話がかかってきたり、来客があったり、フルでその時間を有効活用しようと思うと、なかなか難しいのが現実です。とくに若手社員なんかは、午前中電話応対をしていたら終わってしまった、なんていう話がよくあります。しかし、朝8時から9時までという時間は、周りの会社が営業をしていない時間のため、集中して作業をすることが可能です。朝1ですべてのメールを返してします。資料作成などがあれば、9時までに終わらす、など、集中して何かをする時間に当てることで、その後の時間を、通常の活動に当てることができます。

②残業がすくなくなる
メリット①の事項により、仕事のスピードがアップします。そのスピードがあれば、残業時間が減っていきます。また、たとえ残業になっても、以前よりも早い時間に帰社できるので、体力面の改善にもつながります。

③節電で節約
朝の涼しく明るい時間から仕事を始めますので、エアコン・電気の使用量がすくなくなります。夜も、遅くまで残る人が少なくなれば、その分電気代、通信料などの節約につながります。

いきなり全社を朝型にします、というのも難しいので、まずは一部で実施をしたり、希望者のみに実施をしてくこともありかもしれません。

スポンサーリンク
賃料や駐車場、ホームページのサーバー代や維持更新費などの「固定費」を削減するためのノウハウを紹介していきます。
固定費削減の方法一覧
経費削減から業務効率化を考える人は多いと思います。それはちょっとした工夫で効率化が可能だからでしょう。また、何かを削るという行為をしなくて済みますのでアンハッピーな想いをしなくて済みます。
業務効率化のアイデア一覧
業界最速で最安値検索ができ、会員登録も不要。電話サポートもついており安心して使える格安航空券です。いままでなんで定価で購入していたのかと悔しくなるくらい安いです。当然普通のチケットと変わりませんので大手航空会社の便に搭乗です。
航空券購入はルールとして格安航空券を利用させるべき-おすすめはスカイチケット
必見

クラウドソーシング ク会計業務効率化freee