某大手IT企業さんのアイデアですが、会社の近くに社員が住むと補助金を出すというものです。経費削減を考えているのに補助金を出すんじゃ駄目だろうと感じた人もいると思いますが、それ以上に交通費や社員体力を考えればお得とも捕えられます。

経費削減+社員のコンディションアップ

例えば、会社のある駅から2駅以内に住めば家賃として1万円補助しますという事です。単純に近くなった分定期券代は減りますし、残業時のタクシー代などは圧倒的に安くなりますよね。

なにより、社員が通勤で疲弊しないというのは会社にとってコストダウンよりも重要な事です。通勤して来たらもう社員が疲れているというのではそれこそ、無駄な出費です。今の時代はわざわざ出社しなくてもできる仕事が山ほどある中、通例で通勤している人も多いと思います。会社側もそういった問題を認識しケアしているのだという態度を見せることもできますから検討してみる価値は高い施策ではないでしょうか。

仲間意識もあがるらしい

会社の近くに住むというのはいかなる時にもお得になります。また社員同士が近所に住むことで業務以外でも交流するようになり、離職率なども下がっていくでしょう。そうすれば採用コストも膨らみませんし、スキルアップした社員が長く働いてくれるようにもなります。

古くは社宅が担っていた役割ですが、社宅を抱えられる企業も少ないでしょう。自由に住む物件も選べて補助金も出る。加えて会社にとってもいい事づくしなアイデアですから皆さんの会社でも検討して見てはいかがでしょうか。