購買管理システムで徹底的に経費を圧縮

スポンサーリンク

購買管理システムって使っていますか?システムでなくてもエクセルなんかでも良いのですが、やはり出費の部分は必ず最低単価で仕入れるという事が重要だと思います。

購買管理システムを使おう

特に物品に関してはほとんどクオリティに差が出ることもないでしょうから、安く仕入れられるところを選ぶのが当たり前です。ただし、単価の差というのはせいぜい1,2円だったりします。そうなると担当者レベルでは今回は調べるのが面倒だからこっちでいいかとなってしまうわけです。

それを防ぐために購買管理システムを使おうという機運が生まれてきているのですが、実は会社の規模によってはこのシステムの維持費が重くのしかかったりしています。具体的にはサーバーとシステムの保守運用なのですが、現場レベルでいえば、いまだにIE6じゃないと動かないシステムっていうのがさんざんあります。

きっと新入社員からしたらIE6なんて見たことないのではないでしょうか。それを強要するというのはやはり無駄ですね。我慢して使うしかないのでしょうけど。

クラウド購買管理システム

最近ではクラウド型の購買管理システムというのも登場してきました。このクラウド型が良いのは自社のローカル環境に依存しないことでしょう。またパッケージが多いので導入までに時間がかからないのが特徴ですね。

システムに不具合があってもあっという間に直ると思いますし、導入や維持のコストが安定しそうです。ただし、月額費を徴収されると思うので計算してみないと分かりませんね。

今、ネットで結構見かけるのが、「べんりねっと」さん。当然カウネットの商品が多く扱われているのだと思いますが、導入も使用料もゼロ円となっているようなので検討してみる価値はありそうですね。

スポンサーリンク
賃料や駐車場、ホームページのサーバー代や維持更新費などの「固定費」を削減するためのノウハウを紹介していきます。
固定費削減の方法一覧
経費削減から業務効率化を考える人は多いと思います。それはちょっとした工夫で効率化が可能だからでしょう。また、何かを削るという行為をしなくて済みますのでアンハッピーな想いをしなくて済みます。
業務効率化のアイデア一覧
業界最速で最安値検索ができ、会員登録も不要。電話サポートもついており安心して使える格安航空券です。いままでなんで定価で購入していたのかと悔しくなるくらい安いです。当然普通のチケットと変わりませんので大手航空会社の便に搭乗です。
航空券購入はルールとして格安航空券を利用させるべき-おすすめはスカイチケット
必見

クラウドソーシング ク会計業務効率化freee