雇用というのは他人を自社に招き入れる仕事ですからそれなりに大変です。しかし、その大変だというイメージから代行業がたくさん生まれて、次は優秀な人を雇うにはプロの代行業に任せるしかないという事になりました。

ただ、実際のところ有名大学を出ていれば優秀という事ではないですし、これだけ社会環境・経済環境が変化している今日、大学で何を学んできたか分からない輩よりもすでに手に職のある即戦力のほうが短期的には利益に還元されていきます。

中小企業こそ普通とは違う採用を

経費削減を必死に考える一方で、採用活動は常に上位大学からしか行わないというのはちょっと愚かです。プライドなり、しがらみなりあるにせよ、背に腹は代えられないという事で優秀な専門学生や第2新卒も検討すると良いでしょう。

その際に費用対効果を上げる方法としては、学校側の採用担当を呼び出す事です。来てくれる所と、来てくれない所がありますが、来てくれる所についてはなんとか学生の就職先を見つけようと必死ですから、きちんとオーダーさえできればどんどん募集が来る事になります。

いままでお金を払って集めていた募集が無料で勝手に集まってきます。私が小さな会社の相談ばかりのっているというのもありますが、大卒より専門卒のほうが短期的にはパフォーマンスが高いです。また、今後総合的な力というのは魅力が出しにくいでしょうから自社にとって必要な人材というのも見直すと思わぬ経費削減が実現できるかもしれませんね。

終身雇用の時代も終わっていますから全員大卒という採用は正直頭が悪いです。採用枠に対して必要な人材を見極めることが短期的にも長期的にもお得なのではないでしょうか。