領収書の発行って意外とコストがかかっているってご存知でしたでしょうか。直接的には領収証書代や収入印紙代、郵送する必要があるなら切手代や封筒代も掛かってきます。間接的には領収書を書いて梱包して郵送準備をする人件費もかかってきます。

まさに塵も積もればで経費削減の対象にしなければいけないものです。今回はクラウドサービスを使って削減する方法ですのでリアルの店舗などでは利用しにくと思いますが、いずれはすべての領収書が電子化され、スマホにPDFで送る時代になります。無くしてしまったり再発送したりする手間はいずれにしても無くなりますので使えるようであれば試してみると良いでしょう。

【領収書ドットコム】クラウド領収書発行サービス『新規お申し込み』

■どれほど削減できるのか

こちらの画像は領収書ドットコム内に設置されている経費削減効果診断システムによって算出された結果です。

ryoshusho

【 A 】 1ヶ月の合計発行枚数は?
【 B 】 上記①の内、3万円以上の発行枚数は?
【 C 】 1ヶ月の領収書発行にかかる作業時間は?
【 D 】 作業を行う方の時給はおいくらですか?

以上を回答するシンプルなものですが、指標になりますのでやってみると良いでしょう。

■月額400円から利用可能

収入印紙不要、切手・郵送代不要、ポスト投函不要 という素晴らしい仕組みを提供しているのが領収書ドットコム 。全てをインターネットで完結することで、印紙税法の特例によって「収入印紙不要」 となります。これがたったの月額400円から利用することができます。価格の詳細はリンク先から確認してください。

【領収書ドットコム】クラウド領収書発行サービス『新規お申し込み』

■できれば飲食店等リアルのショップにも普及してほしい

どう考えてもIT化の流れは変わらないですし、近い将来領収書を紙で提供するお店はなくなると予想されます。手書きと言うのは何かと不便ですし、効率が悪すぎます。顧客のメールアドレスを入手するきっかけにもなりますし、スマホやタブレットにPDFデータで領収書を送ってくれるお店は話題にもなりそう。

どうせ導入することになるのですから今から使ってみてはどうでしょうかね。