5〜30%電気料金は下がるかもしれない5つの方法

スポンサーリンク

毎月の固定費となる電気料金。こういった支出はなるべく抑えたいものです。電気料金を抑えるにあたり、どのような方法があるかを考えてみましょう。

電気料金を下げるアイデア

1 契約内容の見直し

毎月の固定経費である電気代を約5~30%程度削減できる1番可能性のある手法です。簡単に言ってしまうと、もっと良い契約プランがあるかもしれない!という話なのですが、意外と見直しがされず、手がつけられないことが多いものなので、これを機に見直しをかけてみるのも良いかもしれません。基本料金や、従量課金の単価が異なりますので、ご契約の電力会社に相談をしてみると良いでしょう。

2 電力会社を変更して、単価の安い電気を購入する

電力の自由化にともない、05年から50kW以上の高圧需要家を市場とする、一般電気事業者以外の電力供給事業者が出現しています。それが特定規模電気事業者(PPS)です。お客様の使用状況に合わせて料金メニューを作成するため、無駄な電力を減らし、電気料金を削減できる可能性があります。

3 ピーク時の電力を抑えて基本料金から削減する

1番電気料金の高い時間帯の使用料を減らすことで、基本料金を削減する方法です。
契約電力は、過去1年間を30分で区切って、最大需要電力(デマンド)の最も大きい値によって自動的に決まってしまう。つまり、一気に使ってあとは消して節電をしようと思っても、一過的に多量につかった金額で、来年の契約料金があがってしまうかもしれない、ということです。一気に使わずに、できるだけ分散をして使うようにしましょう。

4 夜間電力の有効活用でピークシフトを行う

ご存知の通り、昼間の電力供給ピーク時の料金は高く、夜間は安くなります。もし夜に稼働できるものがあるならば、利用時間を移動させるのも1つの手でしょう。また、夜間発電したものを昼間使う、蓄電システムなどを導入しているところも増えています。

5 常時使用しているものを省エネタイプなどに切り替えることでベース電力を削減する

コンビニの照明も、LEDに変わりつつ有りますが、同様に、常に使う電力に関しては、省エネタイプに切り替えることで、ベースの使用料金を抑えるころが可能です。広い室内があるようなところであれば、冷暖房システムにて切り替えを行っても良いかもしれませんし、コンビニのように24時間電気をつける場所であれば、LEDで電気の使用料を下げることもひとつです。

スポンサーリンク
賃料や駐車場、ホームページのサーバー代や維持更新費などの「固定費」を削減するためのノウハウを紹介していきます。
固定費削減の方法一覧
経費削減から業務効率化を考える人は多いと思います。それはちょっとした工夫で効率化が可能だからでしょう。また、何かを削るという行為をしなくて済みますのでアンハッピーな想いをしなくて済みます。
業務効率化のアイデア一覧
業界最速で最安値検索ができ、会員登録も不要。電話サポートもついており安心して使える格安航空券です。いままでなんで定価で購入していたのかと悔しくなるくらい安いです。当然普通のチケットと変わりませんので大手航空会社の便に搭乗です。
航空券購入はルールとして格安航空券を利用させるべき-おすすめはスカイチケット
必見

クラウドソーシング ク会計業務効率化freee