ウェブサーバー・メールサーバーを管理して保守運用費を削減しよう。

スポンサーリンク

ドメイン、サーバーというワードが出てくると拒絶反応をする方は多いのではないでしょうか。残念ですがコストダウンを考える上でサーバー管理は外せない項目ですので覚悟して取り組んだ方が良いでしょう。
とはいえコストダウンがミッションの方がサーバーについてあれこれと把握していることなんてまずないですのでご安心ください。

でも、ここに書いてあることだけでも理解し実践されればだいぶ効率は上がるはずです。

まず、自社サーバーや専用サーバーをお使いの方はほんとうにレンタルサーバーではダメなのかを考えてみると良いでしょう。
私のクライアントが中小企業が多いからですがほとんどがレンタルサーバーで十分です。上場している大手さんは自社サーバーが多いですが。

レンタルサーバーの選び方

まずはコストでしょう。どこのサーバー会社もコストは記載されていますので確認すれば分かりますが、数百円から千数円が相場です。ここで予算がオーバーするということは無いと思いますが、激安をということであればロリポップのコロリポプランが良いです。ただし、電話でのサポートが無いなど不便を感じる部分もあるかと思います。

次はスペックです。
メモリと容量を確認しましょう。メモリは簡単にいうと情報処理速度の力といった所です。今日のウェブサイト運営においては比較的重要な部分ですが、表示スピードなどと連動してきます。ただメモリは公表していない所も多いですので気になる人は確認しましょう。※教えてくれない所もあります。

管理画面の使いやすさ

コントロールパネルというものです。実際に40歳オーバーの経営者さん達に使ってもらっての感触としてはロリポップとエックスサーバーが良い印象を持ちます。これは好みですのでまずは無料お試し期間等で触ってみるのも手です。




月額の保守運用費は発生させない

ホームページ制作会社や運用の会社の話を聞くとどうしても毎月の点検なり保守業務は必要に感じると思います。これは生命保険のようなものでその道のプロにプレゼンさせればそれは欲しく感じるものです。
ただし、自社で最低限の保守さえできればここは外注する必要はなく数千円~数万円の費用が毎月削減できるでしょう。
考え方としては軽度のトラブルは自社で対応し、対応が難しいものをスポットで受けてもらえる強力会社を探すのが良いのではないでしょうか。

低価格のレンタルサーバーでも必ずと言ってよいほど無料試用期間がありますのでまずはいろいろと触ってみるのが得策かと思います。

スポンサーリンク
賃料や駐車場、ホームページのサーバー代や維持更新費などの「固定費」を削減するためのノウハウを紹介していきます。
固定費削減の方法一覧
経費削減から業務効率化を考える人は多いと思います。それはちょっとした工夫で効率化が可能だからでしょう。また、何かを削るという行為をしなくて済みますのでアンハッピーな想いをしなくて済みます。
業務効率化のアイデア一覧
業界最速で最安値検索ができ、会員登録も不要。電話サポートもついており安心して使える格安航空券です。いままでなんで定価で購入していたのかと悔しくなるくらい安いです。当然普通のチケットと変わりませんので大手航空会社の便に搭乗です。
航空券購入はルールとして格安航空券を利用させるべき-おすすめはスカイチケット
必見

クラウドソーシング ク会計業務効率化freee