ポイントカードも法人用を作って管理すべし

スポンサーリンク

事業者側にそれほどメリットがないからかもしれませんが、大手家電さんなどを中心にポイントで消費者側に還元するという事が多いと思います。会社の備品や案件の必要原価なども結局は大手家電さんなどで購入するわけですし、その際にポイントも付与されるわけです。

法人用カードをつくるべし

これが結構バカにならないと思います。出費の10%がポイントとして戻ってくると思えばその大きさは分かりますよね。結論から言うと現在はこのポイントは各社員の個人のカードにたまっている訳です。これはどうにかできたらしたほうが良いと思います。

ただし、これも社員の反発を招くと思います。と言ってもポイントを不正流用している事は事実ですし、あからさまには反抗できないテーマでもありますのでちょうどよい落としどころを見つけるのがまず大切になってくるでしょう。

ひとつのアイデアとしては会社や部署単位で必要なものをポイントを使って買おうというものです。当然、会社の経費で買ったものが個人のポイントとして還元分を抜かれてしまうのは間違いですし、損失をもたらしているという事は事実ですのでまず、伝える必要はあると思います。

反感は還元で

そして、会社や部署で一枚ポイントカードを持つことで共有してそこに溜めていくのです。運用面では急遽備品を買ったなどの言い訳も出てくると思いますが、たいていのカードはレシートを持っていけば後日加算してくれるはずです(会計時に伝える必要はあると思いますが)。こうして溜めたポイントで本来は買う事のできなかったちょっと高いスピーカーを買うとか、社員の会社ライフにプラスになるものを購入すれば良い循環が作れると思います。

ただし、確認しなければいけないのが複数人でカードを共有してよいかという事ですね。ポイントカードも法人用を作って還元率も少しでいいので特別なものにすれば販売店側もメリットあるのになと思いますが、現段階では規約を確認するなどしておく事が必要ですね。

スポンサーリンク
賃料や駐車場、ホームページのサーバー代や維持更新費などの「固定費」を削減するためのノウハウを紹介していきます。
固定費削減の方法一覧
経費削減から業務効率化を考える人は多いと思います。それはちょっとした工夫で効率化が可能だからでしょう。また、何かを削るという行為をしなくて済みますのでアンハッピーな想いをしなくて済みます。
業務効率化のアイデア一覧
業界最速で最安値検索ができ、会員登録も不要。電話サポートもついており安心して使える格安航空券です。いままでなんで定価で購入していたのかと悔しくなるくらい安いです。当然普通のチケットと変わりませんので大手航空会社の便に搭乗です。
航空券購入はルールとして格安航空券を利用させるべき-おすすめはスカイチケット
必見

クラウドソーシング ク会計業務効率化freee