【郵便?宅急便?】どこを使えば安く荷物を送ることができるのか?

スポンサーリンク

荷物を送る際にいろいろと選択肢がありますよね。
どこを使えばよいか迷うと思いますが、迷ったときの基準をまとめてみます。

1 その荷物が厚さ2㎝以内、A4サイズ以内の場合は迷わず【クロネコメール便!】

クロネコメール便

■料金
A4サイズ厚さ1センチ以内 80円
A4サイズ厚さ2センチ以内 160円

■条件
長辺34cm以内・厚さ2cm以内の縦+横+厚さの合計が60cm以内で重量1,000g以内のもの。
取り扱いできるもの→写真、雑誌、文庫本、カタログ、パンフレット、商品サンプル、会報誌、書類、CD
DVD、フロッピー(古っ!・ω・;)など

 

その他はサイトを見てみましょう。

http://www.kuronekoyamato.co.jp/mail/mail.html

 

2 クロネコメール便の条件外。でも冊子形状のものを送るよ!という場合はゆうメール

ゆうメール

■料金
150gまで180円
250gまで210円
500gまで290円
1kg まで340円
2kg まで450円
2kg 超 590円

■条件
大きさは、長さ・幅・厚さの合計が1.7m以内。
3kgまでの冊子とした印刷物やCD・DVDを、安価にお届け
送れるもの→書籍・雑誌、商品カタログ、会報、各種マニュアル等、カレンダー等、CD・DVD等

クロネコと違い、ポスト投かんもOKなので、お手軽に利用できます。ただし、配送状況を確認したりはできないので、たいせつなものはちょっと注意です。
詳しくはこちらを確認しましょう。
→http://www.post.japanpost.jp/service/yu_mail/index.html

 

3 考えるのめんどくさい!一律350円で全国に送れるレターパックライト

レターパック(手渡しタイプ)

■料金
500円

■条件
A4サイズ、4kg以内

レターパックライト(郵便受けにいれるタイプ)

■料金
350円(郵便受けにいれるタイプ)

■条件
A4サイズ、厚さ3cm以内、3kg以内

日本全国一律500円又は350円のレターパック。レターパックを買ってきて、入れて、条件内ならOKというわかりやすい感じです。
追跡サービスで郵便物の配達状況を確認できるから安心です。
郵便窓口への差し出しのほか、ポスト投かんもできるので便利です。

 

4 郵便

言わずとしれた郵便なので、とりあえず料金表をのせておきます。

定形郵便物
25g以内 80円
50g以内 90円

定形外郵便物
50g以内  120円
100g以内 140円
150g以内 200円
250g以内 240円
500g以内 390円
1kg以内  580円
2kg以内  850円
4kg以内  1,150円

 

5 宅配便

通常の配達以外にクール便など、サービス幅は1番の宅配便。
料金は個別に調べてみましょう。営業所まで持ち込むと、100円安くなるらしいですよ!

http://www.kuronekoyamato.co.jp/ryoukin/ryoukin.html

荷物を送るという手段であれば、きちんと届くのであれば安いほうがうれしいはず。
使い分けをして賢く活用したいですね。

スポンサーリンク
賃料や駐車場、ホームページのサーバー代や維持更新費などの「固定費」を削減するためのノウハウを紹介していきます。
固定費削減の方法一覧
経費削減から業務効率化を考える人は多いと思います。それはちょっとした工夫で効率化が可能だからでしょう。また、何かを削るという行為をしなくて済みますのでアンハッピーな想いをしなくて済みます。
業務効率化のアイデア一覧
業界最速で最安値検索ができ、会員登録も不要。電話サポートもついており安心して使える格安航空券です。いままでなんで定価で購入していたのかと悔しくなるくらい安いです。当然普通のチケットと変わりませんので大手航空会社の便に搭乗です。
航空券購入はルールとして格安航空券を利用させるべき-おすすめはスカイチケット
必見

クラウドソーシング ク会計業務効率化freee