新規起業・異業種進出のための助成金一覧

スポンサーリンク

実は、会社を始めたり、事業幅を広げる際には、様々な国の助成金の制度があります。使えるものはうまく活用をし、無駄のない資金計画を練りましょう。

【新規起業・異業種進出のための助成金 一覧】

新規起業・異業種進出の助成金

個人事業開始、法人設立、異業種への進出などを行う際に活用できる助成金です。

地域求職者雇用奨励金

同意雇用開発促進地域又は過疎等雇用改善地域において、雇入れた支給対象者の人数及び事業所の
設置整備の費用に応じて一定額が助成されます。
 

地域求職者雇用奨励金(中核人材用)

同意雇用開発促進地域において、中核人材労働者を受け入れ、また、それに伴い受け入れた
中核人材労働者の2倍以上の当該地域に居住する求職者を雇い入れる事業主対して
一定額が助成されます。
 

沖縄若年者雇用促進奨励金

沖縄県における雇用構造の改善を図るため、地域に居住する求職者等を雇い入れることに伴い、
事業所を設置・整備する事業主に対して助成金を支給します。
 

特例子会社等設立促進助成金

障害者の安定的な雇用を確保するために、障害者を新たに雇用して、特例子会社や重度障害者
多数雇用事業所を設立した事業主に対し、助成金が支給されます。
 

受給資格者創業支援助成金

雇用保険の受給資格者自らが創業し、創業後1年以内に雇用保険の適用事業の事業主となった場合に、
当該事業主に対して創業に要した費用の一部について助成します。
 

高年齢者等共同就業機会創出助成金

45歳以上の方が3人以上で、自らの職業経験等を活用すること等により、共同して新たに法人を設立し、
労働者を雇い入れ、継続的な雇用・就業の機会を創設した場合に、当該事業の開始に要した一定範囲の
費用について助成されます。

地域再生中小企業創業助成金

地域再生事業(雇用失業情勢の改善の動きが弱い地域において、地域再生のための雇用創出効果が高い
重点産業分野に該当する事業)を行う法人を設立又は個人事業を開業し、就職を希望する者(65歳未満)
を雇用保険の一般被保険者として1人以上雇用した場合に、新規創業に係る経費及び労働者の雇入れについて
助成金が給付されます。
※当該助成金の対象は、平成20年12月1日以降に法人を設立又は個人事業を開業したものに限ります。
 

中小企業基盤人材確保助成金

中小企業労働力確保法に基づく改善計画の認定を受けた中小企業者が、新分野進出等に伴い経営基盤の強化に
資する人材(以下「基盤人材」という。)を雇用保険の一般被保険者として雇い入れた場合に、
当該雇入れについて助成金が支給されます。

介護基盤人材確保助成金

介護基盤人材確保助成金は、介護分野で新規起業や新サービスの提供等を行おうとする事業主が、
雇用管理の改善及び介護従事者の教育において中核的な役割を担う者である特定労働者を雇い入れる場合に、
労働者一人当たりに対して助成される助成金です。

再就職手当

雇用保険の受給資格者自らが、雇用保険の適用事業の事業主となって雇用保険の被保険者を雇用する場合や、
事業の開始により自立することができると認められる場合についても、事業開始日の前日における基本手当の
支給残日数が所定給付日数の3分の1以上かつ45日以上あり、一定の要件に該当すれば支給されます。

建設業新分野教育訓練助成金

建設業新分野教育訓練助成金は建設業に従事する労働者を継続して雇用し、建設業以外の新分野事業に
従事させるために必要な教育訓練を実施した中小建設事業主に対して、
教育訓練に要する費用の一部を助成するものです。

スポンサーリンク
賃料や駐車場、ホームページのサーバー代や維持更新費などの「固定費」を削減するためのノウハウを紹介していきます。
固定費削減の方法一覧
経費削減から業務効率化を考える人は多いと思います。それはちょっとした工夫で効率化が可能だからでしょう。また、何かを削るという行為をしなくて済みますのでアンハッピーな想いをしなくて済みます。
業務効率化のアイデア一覧
業界最速で最安値検索ができ、会員登録も不要。電話サポートもついており安心して使える格安航空券です。いままでなんで定価で購入していたのかと悔しくなるくらい安いです。当然普通のチケットと変わりませんので大手航空会社の便に搭乗です。
航空券購入はルールとして格安航空券を利用させるべき-おすすめはスカイチケット
必見

クラウドソーシング ク会計業務効率化freee