WiMAXキャンペーンを上手に活用して通信費を大幅削減

スポンサーリンク

ネット代というのは今の時代、必要な固定費になっています。いくらネット代がもったいないからと言っても通信費をゼロにするのは不可能な事です。ただし、インターネットに接続する方法というのはいくつかあり、それぞれに提供している企業が存在しています。

スマホユーザー囲い込み競争を見ても高額なキャッシュバックや特典が溢れています。これはネット接続契約に関しても同じ状況なのです。つまりお得なキャンペーン情報さえ知っていればその分得をする。さらに通信費は毎月かかりますので大きな差になってきます。

2014年段階でお得な方法はWiMAXというモバイルデータ通信を比較検討する事でしょう。

どのくらいお得なるのか

gmotokutoku

例えば2014年4月現在のGMOとくとくBB WiMAXキャンペーンの内容を見ると、

いちねん契約で、
端末無料
送料無料
初月無料
事務手数料無料
月額料金 3591円
キャッシュバックキャンペーン額 13000円

となっています。

12ヶ月の契約となりますが、
実質の負担額としては、
2410円/月の11ヶ月間支払いとなります。

一般的なモバイルデータ通信契約だと、4000円/月程度になりますからその差額は1590円となります。

年間で19,080円となります。
個人単位で考えても大きな経費削減になりますし、人数が多ければその分威力は増します。
もし4000円程度のものを契約しているのであれば解約金と照らしあわせてすぐにでも乗り換えた方がお得でしょう。

お得なキャンペーンはどこ?

WiMAXはきちんと比較検討した上で契約をするのが基本です。常にユーザー獲得のためのプロモーションをしていますから数ヶ月単位で一番オトクなキャンペーンというのは変わっていきます。

とは大きな差は無いというのが私の感想ですが、契約期間だけは1年にしておくのが得策でしょう。キャンペーンの内容が常に変わっていることや通信方式についてもどんどん新しいものが出てくる時代です。

2年契約というのが多いのですが、今から2年後の最適解を求めるのは難しいと思うのです。その上でお得なキャンペーンとしては下記の2つをチェックしておけば問題ないでしょう。

■GMOとくとくBB

2014年4月現在1年契約でも13000円のキャッシュバックキャンペーン、初月無料等のオイシイキャンペーンをしています。公式ページも分かりやすいので読んでみるといいでしょう。


■nifty WiMAX

こちらもキャッシュバック11900円と大きな還元額となっています。
わずかな差でとくとくBBには及びませんが、ほかの@niftyサービスを利用されている場合などは月額費用も安くなりますので検討してみると良いでしょう。


WiMAX契約の注意点

お得情報ばかりを紹介しましたが、最後に注意点です。
まずはWiMAXの利用可能エリアです。上記のバナーからWiMAXの対応エリアが確認できますので御自身がお住まいのエリア、お仕事をされているエリアで利用可能かを確認しましょう。
また、WiMAX2という新しいサービスではさらに接続エリアに制限がありますので注意が必要です。スピードが早いらしいのですが、使えるエリアが限られています。

もうひとつの注意点が解約金と解約月についてです。
割引を強調するためなのでしょうが、短期解約などを防ぐために解約金というのが各社設定されています。決められた解約月以外での解約には費用がかかりますので予め確認しておいてください。

とはいえ解約金も15600円ですので、上記で算出したお得額と比べれば使わない手はないでしょう。

通信費に頭を悩ませている方は是非、検討してみると良いでしょう。

スポンサーリンク
カテゴリー: 固定費削減   パーマリンク
賃料や駐車場、ホームページのサーバー代や維持更新費などの「固定費」を削減するためのノウハウを紹介していきます。
固定費削減の方法一覧
経費削減から業務効率化を考える人は多いと思います。それはちょっとした工夫で効率化が可能だからでしょう。また、何かを削るという行為をしなくて済みますのでアンハッピーな想いをしなくて済みます。
業務効率化のアイデア一覧
業界最速で最安値検索ができ、会員登録も不要。電話サポートもついており安心して使える格安航空券です。いままでなんで定価で購入していたのかと悔しくなるくらい安いです。当然普通のチケットと変わりませんので大手航空会社の便に搭乗です。
航空券購入はルールとして格安航空券を利用させるべき-おすすめはスカイチケット
必見

クラウドソーシング ク会計業務効率化freee